おすすめカードローン比較

事業資金の金利相場は?銀行借入の金利について解説

約9分
事業資金の金利相場は?銀行借入の金利について解説

金融機関といえば地方銀行や都市銀行がありますが、それ以外にも信用金庫・信用組合などがあります。 

信用金庫や組合は地域密着型の金融機関であり、地域の企業や中小企業などへ融資することを旨としているため都市銀行や地方銀行よりは資金の借入に利用しやすいと言えます。 

信用金庫は地域金融機関であり、会員制度による協同組織で成り立っており、一定地域内の地域住民や中小企業者を会員として運営されていますので、融資対象として会員であることを原則としていますが、会員以外への融資も一定の条件で認められています

一方、信用組合は同じく協同組織の金融機関ではありますが、根拠法や会員(組合員)資格、業務の範囲などが信用金庫と異なっています

銀行借入の金利について

銀行借入の金利について

銀行借入の金利は中小企業において一般的には0.9%から3.5%程度です。

その金利の幅は、企業の体力、銀行の体力や種類、金利の種別、制度融資かプロパー融資かによって変動します。

また、保証料として保証協会に支払う分は金利ではありませんが、一般的には合算して考えます。

企業体力

借入額や財務状態による安全性によって変動するのは、額が大きくなるほど金利は低くなりますし、安全性が高くても低くなります。

そして交渉能力が高いことが関係してきます

銀行の種類

貸付を行う銀行の規模が大きいほど金利が低くなります

銀行の規模は、大きい順番から都市銀行、地方銀行、信金・信組の順になります。

また、銀行は同じでも新しい支店や貸付戦略店なら金利が低くなります

金利種別(固定・変動)

固定金利と変動金利

固定金利で借入を行った場合は金利が変わることはありませんが、変動金利の場合は借入期間中に金利が変わります

固定金利は金利が上がっても銀行が損をしないように変動金利に比べて0.5から2ポイント利息が高くなっているのが一般的です。

制度融資や政府系金融機関には固定金利で設定されていることが多く、銀行のプロパー融資の多くは変動金利が設けられています。

固定金利と変動金利ではどちらが有利かというのは、金利が上がりそうならば固定、下がりそうならば変動というのが原則です。

しかし、金利は日銀が市場相場に加えて政策的に操作するため分からないのが現状です。

変動金利の多くは、ターゲットのレートが変わると金利が変わるように、短期プライムレート+○%や、長期プライムレート+○%という形を設けています。

融資形態

制度融資という保証協会付融資は、どの銀行を通したとしても金利や保証料率ともにほとんど一定なので銀行側に競わせるという種類のものではありません。

ですから財務基盤が弱い格付けの低い企業にとってはプロパー融資よりも低金利になることが多いと言えます。

利子補給とは

中小企業の金利で忘れてはいけないのが利子補給です。

市町村や都道府県での単位で利息もしくは保証料に対しての補助を行っています。

貸付の中には無利息で行っているものもあり、その地方自治体などの取り決めによって変わりますから、自分の地域の自治体の商工課などに問い合わせをして聞いてみると良いでしょう。

多くの場合、利子補給を行っているのは市町村や特別区などで、既に地元の銀行との付き合いがある場合は銀行より勧めてくれることもあります。 

公的資金の活用を検討しよう

公的資金は政府と自治体の2種類がある

公的資金は民間の金融機関よりも比較的利用しやすく、政府系金融機関からの融資、自治体からの融資の二種類があります

政府系金融機関からの融資

全額もしくは一部を政府が出資した金融機関であり、政策に沿った投融資を行ないます。

比較的低金利で民間金融機関に対し融資を受けることが可能で、中でも中小企業向けの融資を行っているのは国民政策金融公庫と中小企業金融公庫です。

国民政策金融公庫

一般の金融機関などからの融資が困難とされる中小企業などに資金を供給することを目的としています。

個人事業主をはじめとする比較的小規模事業者を対象としています。

中小企業金融公庫

目的は国民政策金融公庫と同じです。

比較的規模の大きい中小企業などを対象としています。

自治体からの融資

制度融資と呼ばれるもので、市町村や都道府県が金融機関や信用保証協会と連携することによって融資を実施する制度です。

利用するには条件なども自治体によって違うので、各自治体に問い合わせると良いでしょう。

公的融資は民間の金融機関よりも融資の条件が緩和されており、民間の金融機関であれば必要となる保証人や担保も、公的融資なら必要がない制度があります

金利も民間の金融機関より低く設定されており、固定金利であることから借りやすく負担が大きくないことが魅力です。

また、返済期間も長めに設定されるため返済計画を行う時に余裕を持って立てることができます。

手続きも簡単にでき、たとえば、国民政策金融公庫の場合は申込書を提出して審査に通過することで手続きが完了します。

事業資金以外で、お金が必要な場合はカードローンがおすすめ

事業資金以外で、お金が必要な場合はカードローンがおすすめ

消費者金融や銀行のカードローンは事業性資金には利用できませんが、基本的には使途自由で、無担保でお金を借りることができます

どうしても、今日お金が必要!」という場合にも、カードローンは即日融資に対応していることが多いので、すぐに現金を手に入れることも可能です。

特に消費者金融は審査ノウハウが高く、スムーズに借入できるのでおすすめです。

審査とは何のために行われるのか

カードローンの申し込みをする方のほとんどは、まとまった現金が必要とされる、何らかの目的を持っていることでしょう。

また、これまでカードローンの申し込みをしたことはないけれど、審査に通るならぜひその現金を使ってやってみたいことがある、などの夢をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、カードローンとは、金融業者等から一時的にお金を借りるシステムです。

借りたお金は、もちろん返してゆかなければなりません。

そのため、カードローンの申し込み時には、申し込みを行った方に対し、「借りたお金を返す能力」つまり返済能力の有無を判断するための審査が必ず行われます

それでは、返済能力というものは一体どういった基準で審査されるのでしょう

一般的には、カードローンの申し込みを行った方の年収や職業、家族構成などの総合的な情報から審査されます

このために、カードローンの申し込みの際には様々な個人情報を申告しなければなりません。

申告した情報は、金融業者で裏付け確認が行われ、問題がない場合は審査に通り、無事にカードローンの利用が可能となります。

特に早急に現金が必要になる方の場合、こうした審査に落ちてしまうのは避けたいものです。

それでは、カードローンの審査に通るためには、どのような点に気を付けるべきなのでしょうか。

審査で絶対に必要な3つのこと

審査で絶対に必要な3つのこと

1.記入はしっかりと

最近は、インターネット経由で申し込みを行うことが可能なカードローンも増えてきました。

一方で、紙媒体の申込書への記入が必要とされるところもあります。

どちらにも共通する注意事項は、「記入間違い」と「記入漏れ」です。

意図的ではないにせよ、「記入間違い」が起きたことによって、金融業者側は申し込みを行った方が嘘の情報を申告したと捉えてしまうかもしれません

生年月日の欄が、西暦か年号か、などの細かなこともきちんと確認して記入を行いましょう。

また、「記入漏れ」も同様に、必要な情報を申告していないと金融業者側に判断されてしまう場合があります

例えば、勤務先の電話番号を書かずにいた場合、実際にその会社へ勤務しているかどうかの確認をとることができないため、審査が進まない可能性があります。

2.申し込み先は1つに決める

もしも審査で落とされてしまうと、また次のカードローンの申し込み先を探さなくてはいけない……そうした不安から、複数の金融業者にカードローンの申し込みを行おうと考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、金融業者側は、申し込みを行った方の情報について、信用情報機関へ必ず照会を行います

その際に、複数の金融業者にカードローンの申し込みを行っていることが判明すると、審査に通りにくくなってしまいます

なぜならば、複数の借入先を作るということは、その分だけ返済先も増えるということになり、結果的に返済能力の低下へ繋がると判断されるためです。

たとえ審査の通った1社だけから借入を行うつもりであっても、そのような事情を金融業者側は把握できません。

早急に現金が必要な場合など、1社からの返事を待っているだけでは不安かもしれません。

しかし、確実に審査に通るためにも、複数の申し込み先を作ることは避けましょう

3.信用情報を汚さない

金融業者が審査の際に利用する信用情報機関とは、申し込みを行った方が、返済を滞納していたり、自己破産の手続きを行っていたりした場合の「事故情報」を記録している機関です。

このように、過去に行ったローン関連の手続きの中で、「返済能力に欠けていた」という事実がある場合、現在新しく申し込みを行った先においても、審査に通ることが難しくなります

もしも、過去にご自身の信用情報を汚すような行為を行っていた心当たりがある場合、またそれが最近のことであった場合には、少し時間を置いてから申し込みを行った方が良いかもしれません。

奨学金の返済を滞納した場合も、信用情報に傷がつく場合がありますので、カードローンの申し込みを行う前に、一度確認を行った方が良いでしょう。

カードローンの審査で大事なこと

カードローンの審査の上で非常に重要視されている「返済能力」

これに欠けていると審査に通らず、カードローンが利用できない場合があることは上述した通りです。

それでは、現在安定した職業についていて、毎月の収入を得ている人しかカードローンを利用することはできないのでしょうか?

学生や主婦、アルバイトの方は、カードローンの申し込みをしても、審査で落とされてしまうのでしょうか

答えはノーです

もちろん、莫大な借入金額の申し込みを行えば、金融業者側が「返済できないだろう」と判断するのもやむをえません。

しかしながら、学生や主婦の方などに向けたカードローン商品を用意している金融機関も存在します

カードローンを申し込む際には、ご自身の返済能力に見合った商品を選び、必要な金額だけを申し込むようにしましょう。

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Tweets